塩見の厳(げん)

通行中の交通事故や建築現場での転落事故など、とても強い圧力が身体にかかった場合は、複数個所に骨折が生じてしまったり、開放骨折に至ったり、ひいては臓器が破損することもあるのです。
H17年2月より新たに特保の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促す言葉の記述が食品メーカーの義務となっている。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの一つのスルフォラファンというブロッコリーに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌される解毒酵素のスムーズな生産をサポートしているかもしれないという可能性がわかってきたのです。
抗酸菌の結核菌は、菌に感染した人が「せき」をすることによって外気の中に放り出され、空中でフワフワと浮いているところを違う誰かが吸い込むことで感染していきます。
よく耳にする心筋梗塞とは冠動脈の動脈硬化によって血管の内側の空間が細くなって、血液の流れが停止し、重要な酸素や栄養が心筋に送られず、筋肉細胞そのものが死ぬという怖い病気です。
塩分や脂肪の大量摂取は避けて運動に尽力し、ストレスの少ない暮らしを意識することが狭心症の元凶となる動脈硬化を防ぐ方法なのです。
エクストレイル 査定額
1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に在るインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったため、残念なことに膵臓からインスリンがほぼ出なくなって発症してしまうタイプの糖尿病なのです。
もし婦人科の検査で現在エストロゲンなどの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと判明した場合は、足りていない女性ホルモンを補填してあげる治療等で改善が望めます。
下腹部の疼痛を主訴とした病気の代表格として、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵巣の病気などが真っ先に挙がるようです。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横臥位でじっとしていても燃焼してしまうエネルギー量のことであり、大部分を身体中の骨格筋・最大の内臓である肝臓・多量の糖質を必要とする脳で消費していると言われているようです。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の数十年に及ぶ後追い調査のデータによると、成人に比べて体の小さい未成年のほうが飛んできた放射能の被害を受容しやすくなっていることが明らかになります。
ビタミンB6には、かの有名なアミノ酸をクレブス回路と呼ばれているエネルギーの代謝のために必要な回路へいれるため、それ以上に細分化させるのを助長するという作用もあるのです。
黴菌やウィルスなど病気をもたらす微生物、即ち病原体が口から肺の中へ忍び入って感染した結果、肺全体が炎症を起こした容態を「肺炎」と総称しているのです。
複雑骨折して大量出血してしまった時に、血圧が降下して眩暈やふらつき、冷や汗、吐き気、顔面蒼白、意識消失発作などの不快な脳貧血が起こる場合もあります。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、3~4日処方薬を飲めば、原則として多くの患者さんの自覚症状は良くなりますが、とはいえ食道の粘膜の腫れや炎症が完全に治癒したわけではないので気を付けましょう。